フェンス作成用のブロックが買える場所

フェンスを設置する場合には、支柱を支えるための基礎ブロックを設置します。等間隔に基礎を配置してから支柱を立ててから金網を張ります。家の外構部分として、庭などの区切りとして、駐車場と道路部分の仕切りとして作成するにはまず基礎を整えなければなりません。また、多くの場合一定間隔で支柱を立てる必要がありますので、基礎も複数個の準備が必要です。基礎はほとんどがコンクリート製のため、まとめて購入するとかなりの重量となります。実店舗で購入する場合は、実際に目で見てサイズや質感を確認してから購入できるメリットがありますが、持ち運ぶのが大変になるデメリットがあります。通販で購入する場合は、自宅まで届けてもらうことができるのはメリットですが重量があるため送料が高くつく可能性がある点がデメリットです。

基礎ブロックを実店舗で購入できるところ

フェンス用の基礎は、ホームセンターなどの実店舗で購入することができます。DIY用の素材を集めたコーナーで設置するフェンスの金網や支柱も並べていることが多く、基礎と支柱のサイズを確認しながらセットで購入することができますので、デザインを決めてから素材を選んだ後にその素材に合うサイズと強度の基礎を選択することができます。外構やエクステリア工事を行う工務店が素材のみを販売している場合もありますので、設置方法を相談しながら購入を検討することができます。ただし工事を依頼しない場合は割高になることがありますので状況に合わせて確認が必要です。実店舗で購入すると、実際のサイズを確認することができるので間違いがなく、設置方法についても詳しい販売員に相談したりアドバイスを求めることができるのが安心点です。

通販で基礎ブロックを購入する場合

ネット通販でもフェンスブロックのみの販売を行っているところは多くあります。ネット通販の良いところは、小ロットでも購入できることと、自宅まで届けてもらえることです。コンクリート製のため、複数個を購入するだけでかなりの重量となる基礎部分を持ち運ぶのは骨が折れるものです。ただし、重量によって送料が変わりやすいため、購入時の総重量をよく確認する必要があります。個数が多くなる場合は、コンクリート製造の専門業者やエクステリア用品の専門店、道路用品の専門店から購入することができます。個人向けの小ロット販売をネット上で行なっている業者もありますが、事業規模によって対応が異なるため購入個数規模によって事前に確認が必要です。通販では送料がかかることとサイズ感や重量が実際に届くまでわからない点が心配ですが、うまく使えば自宅まで重いものを届けてもらえるのは大きなメリットです。