長期的に使っていくなら自社保有もおすすめ

計測器は測量の際に必要なものとなります。購入することも出来ますが、当然大口の投資となります。将来性を見据えて計測器をどう入手するのか選択しましょう。日頃からよく使用するなら自社で購入して保有すると便利です。自社保有では混雑時期や予約・見積もりを気にせず確実に利用が可能になります。使い慣れた機械なら長期的に問題なく取り扱えます。自社保有なので日頃のメンテンスは必要になります。機械が大きければ保管場所を考えないといけないでしょう。また、明確な精度を出すために検定と校正は必須事項となります。クライアントから求められたら精度の高いレポートや文書を提出しないといけません。

レンタルかリースで借りる方法もあります

レンタルではレンタル会社が所持している機器を必要なときだけ貸してもらいます。保有していない製品はレンタルできないので希望の機器があるとは限りません。機器はレンタル会社において常にメンテナンスされています。レンタルだけでなくリースという手段もあります。リースは長期賃貸契約による賃貸しになります。借りたい側の要望に沿ってリース会社が貸し出します。リースはOA機器やIT機器などの取引に使われています。OA機器やIT機器は、常に新しい技術の機器が開発され早い段階で陳腐化してしまいます。リース契約すると耐用年数に合わせたリース期間を設定します。リースの更新を行えば常に最新の設備を使用することができるのです。借りる期月は3~6年の長期になるので、両者は全く異なるシステムになります。

購入するよりもハードルが低いです

自社で購入するとコストがかかります。校正などの定期的なメンテナンスが必要なのでその都度の管理が手間になります。購入して終わりではなく、設備投資や校正による維持コストもかかってくるでしょう。どれにするか迷っているならレンタルがおすすめです。コストを他の方法より少なく抑えることができます。所有権はレンタル会社なのでメンテナンス費用もレンタル会社が負担します。余計な管理コストをかけずに利用できるのです。計測器は品質チェックや法定で決まっている作業で使います。急に必要になったときに購入に踏み切ると注文から納品までに時間がかかってしまいます。レンタルならレンタル会社に頼めばすぐに届いてすぐに使えます。定期的なメンテナンス・校正は不要で最適な状態の機器が届いてすぐに使えます。レンタル会社によっては最新のメーカー製品を試すことも出来るでしょう。

記事一覧